ライフサイエンスソリューションズ株式会社

solution

バイオサイエンスの産業化が進むにつれ、物性解析の導入は重要性を増します。適切な解析手法の選択やサンプルの前処理の適正化は、正しい解釈につなげていくための重要な事項です。

当社では、普段使用されている中で疑問に思われている点や、分析手法自体の選択までアドバイスします。

  • 解析手法の選択
  • 前処理の妥当性
  • データ解釈の妥当性

解釈や解析手法の選択が難しい物性解析を
サポートします

対象原理
(動的、静的、電気泳動)光散乱法、Mass Photometry法、ナノ粒子トラッキング法、共振式質量分析法、
Taylor分散法、示差走査型熱量測定法、等温滴定熱量測定法、示差走査型蛍光測定法、など
別途、プロジェクト単位のデータサポートもご用意します。
*詳しくは直接ご相談ください。

サポート領域について
以下の2通りの範囲を予め決めさせていただきます

field-graph

*1機種が複数原理を持つ場合はそれらを全て含む
**事前打ち合わせによって協議・同意内容
***プロジェクトで予め係る範囲を協議

field-support

※その他、Web会議によるサポート回数追加、
 On siteによるサポート追加など承ります。

お客様の専用サポートページをご用意いたします。

過去のディスカッションなどのやり取り、
サポート用資料など一目で分かります。

customer-supportpage