ライフサイエンスソリューションズ株式会社

RefeynOne
  • 個数基準解析による分子量分布

    • ▶40 kDaから数MDaまでの幅広い測定対象
      (ダイナミックレンジは約10 kDaから)
    • ▶タンパク質のオリゴマー化・断片化
    • ▶抗原抗体反応、化学量論
    • ▶AAVなどのウイルスベクターのFull/Empty比率
    • ▶DNA Ladderの分子量分布、多糖類の分子量分布
  • 完全溶液系、非ラベルでの計測

    • ▶分離媒体を必要としない
    • ▶分析装置とサンプルは完全非接触
  • 測定時間は2分以内

    • ▶計測時間は約1分、サンプル投入に約1分
  • 超低濃度、小容量での計測を実現

    • ▶極微量の至適濃度・容量
    •  ・タンパク質(<1 MDa):1 nMを2 μL
    •  ・ウイルスベクター(>1 MDa):0.1 nMを2 μL